受付時間

■月~土・祝日
9:00~1:00
3:00~7:30
         
■日曜日
         
9:00~15:00
 

妙蓮寺整骨院

〒222-0023
神奈川県横浜市港北区仲手原
2-21-9

電話:045-432-8030

各種保険取扱い。まずはお気軽にご相談ください。

2021年6月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
弁護士法人エース

> サイトマップ

妙蓮寺整骨院 > コラム > その頭痛や首、肩の痛み、もしかして猫背が原因かも(・・?
2021年2月25日(木)

その頭痛や首、肩の痛み、もしかして猫背が原因かも(・・?

 

鏡でふと自分の姿を見たら、姿勢が悪く疲れている感じがしてガッカリ(>_<)そんな経験はありませんか?

 

 

パソコンとスマホを長時間使っていると、気づかないうちに猫背になってしまうことありますよね。

 

 

最近では新型コロナウィルスの影響で、仕事も在宅ワークが増え、緊急事態宣言により、家で過ごすことが多くなりました。

そうすると、ソファなどに座る時間が長く、結果同じ姿勢が長時間続いてしまうことになり猫背になりがちです。

猫背が続くと、猫背の方が楽だと体が覚えてしまい、いつのまにかずっと猫背になってしまうのです。

背中の筋肉がこわばって肩こりや腰痛、リンパの流れや血行も悪くなります。そうすると代謝が落ち、痩せにくくなります。

ちなみに基礎代謝が高いと体温が高いので、血流も良くなり、老廃物を排出しやすくなるので、太りにくい体になります。
健康的な体づくりに効果があります(^^)/

 

 

猫背は頭痛・腰痛など様々な不調の原因に繋がっているので、日常生活が辛くなる前に、ケアして整体などで改善しておきたいですね。

 

 

 

1、猫背になる原因

 

猫背は、骨盤のゆがみや筋肉不足、姿勢の悪さ、運動不足、ストレスが主な原因です。

女性は筋肉が男性よりも少ないため、体を支えにくく、猫背になりやすいとの調査結果があります。長時間のPC作業や家事、スマートフォンの使用時は、どうしても前かがみの姿勢になりやすいものです。

自分では意識していなくても、知らず知らずのうちに猫背になっている可能性があります。特にスマートフォンの利用時間が長い方は要注意です。

 

2、猫背の種類

 

 

猫背には種類があるのをご存じでしょうか?

 

  • 首猫背

首が前に傾いてしまう猫背です。

ひどくなると、ストレートネックと呼ばれ、セルフケアだけでは解決できないことも多いです。

コリの原因にもなります。

 

  • 肩猫背

肩が前に入った猫背で、内巻き肩ともいいます。

肩こり、肩甲骨の痛みにもつながります。

 

  • 腰猫背

腰が丸まった猫背です。

 

 

3、猫背の影響

 

猫背は、さまざまな不調の原因になることを知っていますか?

 

まず、猫背になると、呼吸が浅くなります。

呼吸が浅くなると、1回の呼吸で取り込む酸素量が少なくなるので代謝が落ちます。

代謝が低下すると、酸素や心臓や肺、胃、小腸、肝臓などの内臓が圧迫され、働きが鈍くなってしまいます。

その結果、血行不良や疲れの原因になるとともに、自律神経のバランスが乱れ、イライラする、眠れない、といったストレス症状も起きやすくなります。

さらに、頭を下げると筋肉に血液が届きにくく、疲労物質が溜まりやすくなり、後頭部の頭痛、肩こりや腰痛、手足のしびれなどが起こる可能性もあります(+o+)

良いことが1つもないのです((+_+))

 

4、日常生活での対策

 

では、日常生活で猫背にならないためには、何に気を付ければよいのでしょうか?

 

①長時間同じ姿勢を取らない

 

パソコンやスマートフォンをやりだすと、気づくと数時間なんてことありますよね。

集中しているとなおさらです。

目にも負担がかかりますので、時間を決めて途中少し歩いたり、ストレッチしたり、他の事をするなど、長時間動かないことのないように気を付けましょう。

 

②頬杖をつかない

 

 

頬杖をつくと体が片側に歪んでしまうので、姿勢が崩れてしまいます。

バランスが乱れ、血流が悪くなり頭痛や肩こり、腰痛に悩まされることもあります。

たかが頬杖ですが、体の不調につながるので意識してつかないようにしましょう。

 

③背筋を伸ばして歩く

 

意識しすぎると胸を張りすぎて、そってしまう場合があります。

これでは意識しても逆効果になってしまいます。頭のてっぺんを糸で引っ張られているイメージで、おなかを伸ばす感覚です。

座るときには重心をお尻のあたりにすることで、正しい姿勢を保ちやすく、
骨盤を意識した腰が立つような座り方を心がけましょう。

 

まずは猫背につながる自分の悪い癖を見直して、正しい姿勢を保つことが大切です。

前にも書いたように猫背になると呼吸が浅くなります。

例えばストレスを感じている時は、呼吸が浅くなり、胸や肩だけで呼吸しているので、肺の一部にしか酸素がいかず酸素不足状態です。

これが続くと、交感神経ばかり働き、自律神経が乱れて様々な体の不調が出てきてしまいます。

リラックス状態は交感神経と副交感神経がバランスよく働いていることが不可欠ですし、ストレスを解消させるためには、当然リラックスする必要があります。

検査してもどこも悪くないのに、なんだか体調が悪いなんてことありますよね。

もしかしたら猫背が原因かもしれません。

 

簡単にできる予防、対策として深呼吸があります。

 

 

たかが深呼吸ですが、自律神経を整えたり、ストレスの緩和など、たくさんの効果をもたらします。

正しい方法で行わないと、せっかくやっても効果がでないので、意識して行うのが良いかもしれないですね。

 

深い呼吸の複式呼吸を心がけます。

ゆっくりと鼻で息を吸い込み、4秒から5秒数えます。この時、肺で呼吸するのではなく息を吸い込んで、おなかに空気を貯める感じです。同じように数えながら、今度はゆっくりと息を吐きます。

これをできれば1分以上繰り返してみましょう。

 

 

深呼吸のいいところは、いつでもどこでもでき、無料でできるところです。

 

猫背はなかなかすぐに改善されないので、あきらめてしまいがちです。

体の不調、頭痛や肩こりなどで悩んでいる方は、毎日のほんの少しの意識でだいぶ変わってきますので、気を付けてみてください(*^-^*)