受付時間

■月~土・祝日
[午前] 9:00~1:00
[午後] 3:00~7:30
■休院日
日曜日
 

妙蓮寺整骨院

〒222-0023
神奈川県横浜市港北区仲手原
2-21-9

電話:045-432-8030

各種保険取扱い。まずはお気軽にご相談ください。

2020年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
弁護士法人エース

> サイトマップ

スタッフブログ

2020年5月20日(水)

ラジオ体操とハマトレ

こんにちは!

東横線妙蓮寺駅から徒歩5分

妙蓮寺整骨院です!

皆さま、運動不足ではありませんか?

先日NHKをつけたらラジオ体操をやっていたので久しぶりに一緒にやってみたら、

なかなか疲れました!

ということは、

いい運動になるということですね。

横浜市には「ハマトレ」なるものもあります。

 

横浜市のHPを覗いてみてくださいね。

当院にもコピーがありますので、ご入用の方はお声掛けください。

 

 

LINE&Instagramはじめました!!
友達登録&フォローしてね

#駐車場#ベビーカー#骨折#脱臼#捻挫#打撲#肉離れ#ぎっくり腰#寝違え#四十肩#むちうち#腱鞘炎#肘内障#スポーツ外傷#lifestyle#健康オタク#姿勢#猫勢改善#骨盤#運動連鎖#港北区#仲手原#妙蓮寺#整骨院#祝日#土曜#ケガ#怪我#交通事故#労災

@fujitaseikotuin
@futoochou
@ookurayamaseikotsuin
@hamagindooriseikotsuin
@kikuna431
@hirooeki
@roppongimidotown
@minami5328889
@tsunashimagenki

☆駐車場2台完備!
☆ベビーカーにお子様を乗せたまま院内にお入り頂けます!
☆交通事故でお困りの方、専門のアドバイザーが妙蓮寺整骨院にはおります。むち打ち損傷でお困りの方、施術から全てご相談ください。
骨折・脱臼・捻挫・打撲・肉離れ・ぎっくり腰・寝違え・四十肩五十肩・むちうち・腱鞘炎・肘内障・スポーツ外傷・交通事故・労災・なんでもこい!です!
交通事故・労災・お怪我なら妙蓮寺整骨院に!

2020年5月19日(火)

だるおも改善

こんにちは!

横浜市港北区 妙蓮寺駅から徒歩4分、白楽駅から徒歩10分

妙蓮寺整骨院 です!

 

そろそろ「梅雨」の季節が到来ですね。爽やかな初夏から一転、湿気たっぷりの蒸し暑い日々に、体や頭の重だるさ、むくみ、食欲不振、下痢といった体の不調も出やすくなります。
胃腸を弱らせる食材とは?

蒸し蒸しする梅雨の時季をスッキリ元気に過ごすには、食生活を整え、胃腸を元気にすることが欠かせません。では、どのような食生活が良いのでしょうか。
まず、胃腸を弱らせる食材をできるだけ避けることです。具体的には「冷たいもの」(アイス、ジュース、ビールなど)や「生もの」(刺身、生野菜、果物など)、「甘いもの」(お菓子、砂糖たっぷりの飲み物など)です。
不調を感じる時には、これらを摂りすぎていないか、いま一度チェックしましょう。完全にゼロにするのは難しいとしても、不調の際は「いつもより少なめ」を意識すると良いと思います。
そして、これらの食材を控えめにした上で、胃腸を元気にする食材を摂るとより効果的です。
体の中の「湿」を汗と尿でしっかり排出する。

胃腸を温め湿気を動かす食材には、香辛料(シナモン、黒胡椒、山椒、唐辛子など)、ネギ、シソ、ヨモギなどがあります。また、胃腸の湿気を取り、利尿を促す食材としては、豆類(さやいんげん、そら豆、枝豆など)、トウモロコシ、コーン茶などがお勧めです。
体に入った湿気を上手にさばける体づくりも、この時季には大切です。それには、発汗作用や利尿作用のある食材を摂って対外に排出することが大事。
たとえば、発汗を促すには、生姜や香味野菜(パクチー、シソ、ネギなど)、香辛料(唐辛子・カレー粉など)など。利尿を促すには、緑豆もやしや瓜科の野菜(キュウリ、スイカ、トウガンなど)、豆類(さやいんげん、そら豆、小豆など)、海藻類、魚の鮎や鱧(はも)、ハトムギなどが良いでしょう。

その他、気の巡りをよくする食材もお勧めです。具体的にはタマネギ、ピーマン、香味野菜(シソなど)などです。
また、温かいものを食べると発汗が促されます。温かい味噌汁やスープなどを積極的に摂るようにしたり、野菜はできるだけ加熱したものを食べたりすると良いと思います。

自粛モードで運動や外出など難しいですが、少しでもお家では食事の際にひと工夫入れ楽しみながら過ごせるといいですね♪

LINE&Instagramはじめました!!
友達登録&フォローしてね❤
☆駐車場2台完備!
☆ベビーカーにお子様を乗せたまま院内にお入り頂けます!
交通事故でお困りの方、専門のアドバイザーが妙蓮寺整骨院にはおります。
むち打ち損傷でお困りの方、施術から全てご相談ください。
※日曜日は9:00~15:00まで受付しております!
骨折・脱臼・捻挫・打撲・肉離れ・ぎっくり腰・寝違え・四十肩五十肩・むちうち・腱鞘炎・肘内障・スポーツ外傷・交通事故・労災・なんでもこい!です!
土曜日・祝日も夜7時半まで受付!
交通事故・労災・お怪我なら妙蓮寺整骨院に!

2020年5月18日(月)

日焼け止めを効果的に!

おはようございます!

横浜市港北区  妙蓮寺駅から徒歩4分、白楽駅から徒歩10分、
妙蓮寺整骨院 です!

いよいよ本格的に日差しが強い季節になってきましたね。
そこで今日は日焼け止めの効果的な塗り方について、調べてみました!

日焼け止めをよく見ると、SPFやPAという文字とともに、数字や+が書かれていますよね。
これにはどんな意味があるのでしょうか。

★SPF
主にUV-Bを防止する役割があり、隣に書かれた数字には日焼けを何倍遅らせることができるかが示されています
人によって個人差はありますが、何も対策をしていない状態では、約20分ほどで日焼けすると言われています。
SPF30を例にすると、10時間ほど(20分×30=600分)日焼けを遅らせることができます。

★PA
主にUV-Aを防ぐ役割があり、「+」で強さが表されます。
+が多いほど色素沈着を防ぐ効果が高くなります。

正しい使い方でより効果的に!

日焼け止めを使う際は、以下の点を意識してみてください。

・シーンによって使い分ける
SPFやPAが強いと、高い効果がある分、肌への負担もあります。そのため、1日外で作業する時は強いものを、太陽に当たる時間が短い時は弱いものを使うと、肌トラブルをおさえつつ、紫外線を防ぐことができます。

・こまめに塗り直す
汗で流れてしまうと、その分効果が薄れてしまうので、こまめに塗り直すことをおすすめします。

・適正量を守る
顔が白くならないようにと薄くのばして使っている方も多いと思いますが、それでは本来の効果が発揮できないことがあります。
パッケージの裏に500円玉大を手に取り…と書かれていたら、その量に出来るだけ近づけるよう心がけてください。

・15分~30分前に塗る
日焼け止めは肌に馴染むまで少々時間がかかります。お出かけ直前よりも15分~30分前に塗っておくと良いそうです。

LINE&Instagramはじめました!!
友達登録&フォローしてね❤
☆駐車場2台完備!
☆ベビーカーにお子様を乗せたまま院内にお入り頂けます!
交通事故でお困りの方、専門のアドバイザーが妙蓮寺整骨院にはおります。
むち打ち損傷でお困りの方、施術から全てご相談ください。
※日曜日は9:00~15:00まで受付しております!
骨折・脱臼・捻挫・打撲・肉離れ・ぎっくり腰・寝違え・四十肩五十肩・むちうち・腱鞘炎・肘内障・スポーツ外傷・交通事故・労災・なんでもこい!です!
土曜日・祝日も夜7時半まで受付!
交通事故・労災・お怪我なら妙蓮寺整骨院に!

2020年5月17日(日)

本日も受付中です!

おはようございます。

東横線妙蓮寺駅から徒歩5分
妙蓮寺整骨院 です!

妙蓮寺整骨院は日曜日も9:00~15:00までお昼休みなしで受付しています。
明日のために整骨院で元気になってはいかがでしょうか。

LINE&Instagramはじめました!!
友達登録&フォローしてね❤
#駐車場#ベビーカー#骨折#脱臼#捻挫#打撲#肉離れ#ぎっくり腰#寝違え#四十肩#むちうち#腱鞘炎#肘内障#スポーツ外傷#lifestyle#健康オタク#姿勢#猫勢改善#骨盤#運動連鎖#港北区#仲手原#妙蓮寺#整骨院#祝日#土曜#ケガ#怪我#交通事故#労災
@fujitaseikotuin
@futoochou
@ookurayamaseikotsuin
@hamagindooriseikotsuin
@kikuna431
@hirooeki
@roppongimidotown
@minami5328889
@tsunashimagenki
☆駐車場2台完備!
☆ベビーカーにお子様を乗せたまま院内にお入り頂けます!
☆交通事故でお困りの方、専門のアドバイザーが妙蓮寺整骨院にはおります。むち打ち損傷でお困りの方、施術から全てご相談ください。
骨折・脱臼・捻挫・打撲・肉離れ・ぎっくり腰・寝違え・四十肩五十肩・むちうち・腱鞘炎・肘内障・スポーツ外傷・交通事故・労災・なんでもこい!です!
交通事故・労災・お怪我なら妙蓮寺整骨院に!

2020年5月16日(土)

足首の捻挫も治療できます

足首の捻挫

ちょっとした段差を踏み外したり、スポーツで足首を捻ることで起きる怪我です。
足首を内側に捻ってしまうことが多く、前距腓靭帯を傷めることが多いです。
怪我の仕方によっては骨折することもあります。

安静にしていてもズキズキとした痛みや、腫れているときは氷水で冷やし、湿布を貼って、足は下ろさず台の上などに乗せて少し高くしておくと楽になります。

整骨院では微弱電流という治療機で腫れを引かせる治療をします。
状態に合わせてテーピングや包帯、ギプスなどで固定をします。

画像はプライトンという固定具を使って足関節を固定しています。

固定期間は2~3週間程度です。

症状の軽減に合わせてプライトンを外し、テーピングやサポーターに変更します。

施術者が患部を動かしたり、抵抗をかけながらリハビリを行い、日常生活やスポーツへの早期回復・早期復帰を目指します。

治療終了までは1~2ヶ月程度です。

大会などに合わせていつまでに復帰したいなどご希望があればできるだけ間に合うようリハビリを行っていきます。

骨折が疑われるようであれば近隣の整形外科をご紹介いたします。

すべては皆様の健康のために!