受付時間

■月~土・祝日
[午前] 9:00~1:00
[午後] 3:00~7:30
■休院日
日曜日
 

妙蓮寺整骨院

〒222-0023
神奈川県横浜市港北区仲手原
2-21-9

電話:045-432-8030

各種保険取扱い。まずはお気軽にご相談ください。

2018年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

> サイトマップ

スタッフブログ

2018年5月14日(月)

日焼け止めを効果的に!

おはようございます!

横浜市港北区仲手原、妙蓮寺駅から徒歩4分、白楽駅から徒歩10分、菊名駅から徒歩20分

妙蓮寺整骨院 です!

 ようやく春の雨があがり、いよいよ本格的に日差しが強い季節になってきましたね。

そこで今日は日焼け止めの効果的な塗り方について、調べてみました!

 日焼け止めをよく見ると、SPFやPAという文字とともに、数字や+が書かれていますよね。
これにはどんな意味があるのでしょうか。

★SPF
主にUV-Bを防止する役割があり、隣に書かれた数字には日焼けを何倍遅らせることができるかが示されています
人によって個人差はありますが、何も対策をしていない状態では、約20分ほどで日焼けすると言われています。
SPF30を例にすると、10時間ほど(20分×30=600分)日焼けを遅らせることができます。

★PA
主にUV-Aを防ぐ役割があり、「+」で強さが表されます。
+が多いほど色素沈着を防ぐ効果が高くなります。

正しい使い方でより効果的に!

日焼け止めを使う際は、以下の点を意識してみてください。

・シーンによって使い分ける
SPFやPAが強いと、高い効果がある分、肌への負担もあります。そのため、1日外で作業する時は強いものを、太陽に当たる時間が短い時は弱いものを使うと、肌トラブルをおさえつつ、紫外線を防ぐことができます。

・こまめに塗り直す
汗で流れてしまうと、その分効果が薄れてしまうので、こまめに塗り直すことをおすすめします。

・適正量を守る
顔が白くならないようにと薄くのばして使っている方も多いと思いますが、それでは本来の効果が発揮できないことがあります。
パッケージの裏に500円玉大を手に取り…と書かれていたら、その量に出来るだけ近づけるよう心がけてください。

・15分~30分前に塗る
日焼け止めは肌に馴染むまで少々時間がかかります。お出かけ直前よりも15分~30分前に塗っておくと良いそうです。

  😆    😆

今日のぽんちゃん

どアップに耐えられる美肌を目指したい…なぁ

securedownload (10)

骨折・脱臼・捻挫・打撲・肉離れ・ぎっくり腰・寝違え・四十肩五十肩・むちうち・腱鞘炎・肘内障・スポーツ外傷・交通事故・労災・なんでもこい!です!

土曜日・祝日も夜7時半まで受付!

交通事故・労災・お怪我なら妙蓮寺整骨院に!