受付時間

■月~土・祝日
[午前] 9:00~1:00
[午後] 3:00~7:30
■休院日
日曜日
 

妙蓮寺整骨院

〒222-0023
神奈川県横浜市港北区仲手原
2-21-9

電話:045-432-8030

各種保険取扱い。まずはお気軽にご相談ください。

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

> サイトマップ

スタッフブログ

2018年7月16日(月)

寝苦しい夜を少しでも快適に

おはようございます!

横浜市港北区仲手原、妙蓮寺駅から徒歩4分、白楽駅から徒歩10分、菊名駅から徒歩20分

妙蓮寺整骨院 です!

 

毎日暑いですね、皆さん連日のこの猛暑による気温・湿度のせいでいつもよりお疲れと思います。

ゆっくり安眠して疲れをとりたいですが、夜もなかなか寝苦しくて寝不足気味ですよね。

寝苦しさを少しでも解消するにはどうしたら良いか、調べてみました。

1、 就寝1時間前に壁を冷やす

夏の室温は、25〜26℃が最も眠りやすいとされています。
そのためには、就寝1時間前からエアコンを25〜26℃に設定し、風を強めに設定します。
こうすることで、昼間の間に熱くなった部屋の壁や天井まで冷やされ、輻射熱による温度上昇を抑えることができるのです。

就寝直前にだけエアコンを入れたのでは部屋の壁や天井は熱いままなので、夜中にタイマーが切れた途端、壁にこもっていた日中の太陽の熱が室内に発し続けられ、部屋を暑くしてしまうのです。

壁を冷やした後、就寝するときになったらエアコンの設定温度を27℃まで上げ、3時間のタイマーをセッティングするようにしてくださいね。

2、部屋全体を快適な温度に

理科の授業などで習ったように、熱い空気は上に、冷たい空気は下に溜まりやすい傾向にあります。そのため、空気を循環させ、寝室全体を快適な温度に保つため、エアコンと併せて扇風機やサーキュレーターを活用するのがおすすめです。

ただし、風が直接体に当たると、睡眠中に汗をかいて体が冷えてしまうので危険です。ゆるい気流が動くように、扇風機は天井や壁側にむけて部屋全体に風を回すようにするのが賢い使い方です。

風量を調節できるなら一番弱いレベルが良いでしょう。また、壁にこもった輻射熱の影響を最小限にするためにも、ベッドを壁から10cm程度離すこともおすすめです。

3、背中のムレを防ぐ

布団の中の湿度は季節によって大きく異なりますが、夏には背中の湿度が80%以上に達することがあるといわれ、この背中の湿度上昇が原因で眠れなくなる人も多いようです。

大きな寝返りがない状態が20~30分以上続くことで深い眠りに達する事が出来るのですが、背中がムレているとゴロゴロと寝返りが多くなり睡眠が妨げられてしまうことも。

その背中のムレを防ぐには、熱伝導に優れ吸放湿性に富む麻のシーツや、通気性のある立体メッシュ、吸湿性のあるいぐさのシーツなどがおすすめ。夏の快眠をサポートしてくれる心強いアイテムです。また、抱きまくらの使用も背中があいて、わきや膝の間にも隙間ができるので、体感が涼しく、同時に安心感も得られるので一石二鳥です。

いかがでしたか?私もついエアコンや扇風機の風に直接あたってしまい、ノドがイガイガするので気をつけてみたいと思います。

      😆       😆

今日のぽんちゃん

昨日ぽんちゃんは7歳のお誕生日でしたのでお祝いしました。

プレゼントのクールベストを着てお姉ちゃんにキャリーバッグを背負ってもらって撮ってみました

securedownload (24)

水に濡らして着るのでヒンヤリ気持ち良さそうです。わんこ飼いの方にオススメです。

…そして、ぽんもヒトも食べ過ぎました!

本日、7月16日(月)海の日通常通り受付いたします!

骨折・脱臼・捻挫・打撲・肉離れ・ぎっくり腰・寝違え・四十肩五十肩・むちうち・腱鞘炎・肘内障・スポーツ外傷・交通事故・労災・なんでもこい!です!

土曜日・祝日も夜7時半まで受付!

交通事故・労災・お怪我なら妙蓮寺整骨院に!