受付時間

■月~土・祝日
[午前] 9:00~1:00
[午後] 3:00~7:30
■休院日
日曜日
 

妙蓮寺整骨院

〒222-0023
神奈川県横浜市港北区仲手原
2-21-9

電話:045-432-8030

各種保険取扱い。まずはお気軽にご相談ください。

2018年7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

> サイトマップ

スタッフブログ

2018年7月31日(火)

交通事故でお困りの方

交通事故でむち打ちや腰を痛めた方は妙蓮寺整骨院へご相談ください。

土曜日・祝日も夜7時半まで受付です。

交通事故・労災・お怪我なら妙蓮寺整骨院に!

2018年7月30日(月)

食べ物から冷えをなくす

おはようございます!

横浜市港北区仲手原、妙蓮寺駅から徒歩4分、白楽駅から徒歩10分、菊名駅から徒歩20分

妙蓮寺整骨院 です!

 

逆走台風12号が過ぎて、今日は蒸し暑い1日となりそうですね。

前回は身体を冷やさないための生活習慣を調べましたが、今回は食べ物で気をつけたいことを調べてみました。

食生活で心がけたいのが、「温める食材を摂る」

「どうも体が冷えている…」と感じる人は、日々の生活の中で、冷えをとってくれる食材を積極的に摂るようにしましょう。たとえば、黒糖、シソ、ヨモギ、ショウガ、黒コショウ、山椒、唐辛子、八角、酒などです。

また、冷えによって血流も悪くなりがちなので、血流をよくしてくれる食材を一緒に摂るのもおすすめです。具体的には、納豆、カカオ、玉ネギ、シシトウ、青魚、鮭、シナモン、カレーパウダーなどです。

その他、冷房で冷え切ったオフィスにいる間は、飲み物にもひと工夫です。たとえば、血行促進効果が期待できる黒糖とシナモン入りの紅茶、あるいはそれに牛乳を加えてチャイにするのも良いでしょう。

逆に、暑いからと、アイスや氷たっぷりのドリンクなど「冷たいもの」はできるだけ控えること。

夏が旬の野菜類も、体の中の余分な熱をとったり、体を潤してくれたりといった効果がありますが、生や冷蔵庫でしっかり冷やした状態で摂るのはおすすめしません。体が冷え気味の人の場合、ますます体を冷やしてしまいます。

スープやお味噌汁、炒め物や温野菜など、加熱して温めた状態で摂るようにしましょう。

体を冷やさない生活習慣と食生活で、「冷房病」になりにくい体を作っていってください。

 うちも先日豚汁をお鍋いっぱいにつくって毎日少しずつ飲んでいます。身体が冷えているせいか、身体が欲して自然と食べたくなります。こんな暑い夏に!?と思いますが、塩分も摂れて是非オススメです。

      😆         😆

今日のぽんちゃん

ドライブ大好き!

securedownload (26)

楽しくて、寝ないでがんばりすぎちゃいます。

securedownload (27)

帰るとグッタリです。

骨折・脱臼・捻挫・打撲・肉離れ・ぎっくり腰・寝違え・四十肩五十肩・むちうち・腱鞘炎・肘内障・スポーツ外傷・交通事故・労災・なんでもこい!です!

土曜日・祝日も夜7時半まで受付!

交通事故・労災・お怪我なら妙蓮寺整骨院に!

2018年7月28日(土)

交通事故でお困りの方

交通事故でむち打ちや腰を痛めた方は妙蓮寺整骨院へご相談ください。

土曜日・祝日も夜7時半まで受付です。

交通事故・労災・お怪我なら妙蓮寺整骨院に!

2018年7月27日(金)

ハグしよう!

こんにちは!!

横浜市港北区仲手原、妙蓮寺駅から徒歩4分、白楽駅から徒歩10分、菊名駅から徒歩20分

妙蓮寺整骨院 です!

 

患者さんが、「暑い!暑い!って言っているうちに7月が終わっちゃうわね~」とおっしゃっていました。
ホント、来週は8月ですね 😯
先日私は冬のコートを買いました。
早く冬にならないかしら (笑)

 

子供達の夏休みが始まりました!

「ハグしてますか?」
「ハグ」ってすごく簡単そうですが、日本人はしませんよね~ 少なくとも人前では 😉

私はまだ子どもを持つ前、空港でとても美しい欧米人のママと15,16歳くらいの背が高くなりかけのカッコかわいい息子がハグしているところを見て、映画のワンシーンみたいで、「カッコいい~!ステキ~!」と、めちゃくちゃ憧れました。息子さんの留学か何かで別れを惜しんでいたのでしょうね。
で、私も絶対に男の子を産んで、中学生になっても高校生になってもハグするんだ、と決意したのでありました(笑)

日本人にはまだまだハグをする習慣がありません。日本人が国際人になりきれない理由かもしれません。日本人が恥ずかしがりやなのか、心の温度が低い人間なのか。

なので、先ずは子どもを。
抱きしめ、愛情を形として温もりとして伝える。
子どもだけでなく、親にとっても大切な時間として。

夏休みにスキンシップをしましょう!
お子さん、きっと喜びますよ!

スキンシップはセロトニンを活性化して、質のいい睡眠にもつながるんです。
睡眠のお話は今度(*^^*)

 

骨折・脱臼・捻挫・打撲・肉離れ・ぎっくり腰・寝違え・四十肩五十肩・むちうち・腱鞘炎・肘内障・スポーツ外傷・交通事故・労災・なんでもこい!です!

土曜日・祝日も夜7時半まで受付!

交通事故・労災・お怪我なら妙蓮寺整骨院に!

2018年7月26日(木)

身体を冷やさない生活習慣とは

おはようございます!

横浜市港北区仲手原、妙蓮寺駅から徒歩4分、白楽駅から徒歩10分、菊名駅から徒歩20分

妙蓮寺整骨院 です!

 

今週は湿気が特にすごくてまだまだしんどいですね…

不調の原因、冷えないようにするには、どうしたら良いか、調べてみました!

冷房病の原因は、自律神経の乱れ

「冷房病」という言葉があります。これは、冷房で冷やされた屋内と、屋外の真夏の外気との温度差等で体の体温調節機能が乱れることで起こる諸症状を総称したものです。いわゆる自律神経失調症のひとつとされ、疲労感や体の冷え、食欲不振、肩こり、頭痛などが、その代表的な症状です。

東洋医学では、夏は万物が成長・生育し、繁栄・発展していく季節。人間も含めた自然界がもっとも活動的になれる季節とされています。そんな時季に、冷房病で体が冷えて、ぐったり状態になってはもったいないですよね。

体を冷やさない生活習慣を持とう

では、どうすれば冷房で冷え切った体を温め、本来の元気を回復していけるのでしょうか。それには、まずなんといっても、「体を冷やさない生活」の実践です。
たとえば、冷房とのつきあい方を見直してみましょう。

冷房の理想の温度設定は、外気との温度差が5℃以内といわれています。自宅ではぜひこれを実践したいところですよね。一方、職場によっては、それも難しいこともあるでしょう。

その場合は、カーディガンを羽織ったり、ブランケットをヒザにかけたり、お腹にハンカチを1枚挟み込んだり、レッグウォーマーを着用したりと、個人で「冷やさない対策」をするのが良いと思います。

また、冷房によって乱れた体温調節機能を整えるために、軽い運動で汗を流すのも良いでしょう。

運動といっても、散歩やウォーキングなどでOK。帰宅後や休日などに20~30分程度歩くのを習慣にしてみてはいかがでしょう(熱中症予防のために、できるだけ涼しい時間帯を選ぶようにしましょう)。

その他、入浴もおすすめです。暑い時期はつい「シャワーだけ」となりがちですが、「冷えたな~」と感じた日は、ぬるめの温度でよいので、湯船につかって体を本来の温度に戻してあげましょう。

と、いうことです。ほんのひと手間で不調を快調にできるのなら是非実行してみたいと思います。そういえば、ぽんちゃんの散歩はこの時期は夜に行っていますが、そのおかげか足のだるさがだんだん解消してきました!このまま続けていこうと思います。

今日のぽんちゃん

夏バテ気味だったぽんちゃんも夜のお散歩をがんばっているうちに食欲全開になってきました。ごきげん笑顔です。

securedownload (25)

骨折・脱臼・捻挫・打撲・肉離れ・ぎっくり腰・寝違え・四十肩五十肩・むちうち・腱鞘炎・肘内障・スポーツ外傷・交通事故・労災・なんでもこい!です!

土曜日・祝日も夜7時半まで受付!

交通事故・労災・お怪我なら妙蓮寺整骨院に!